FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CWU-45/P

部屋の整理をしていたら四半世紀前に横須賀のダイヤモンド商会で買った大量の米海軍スコードロン VF-161 チャージャーズパッチを発見。
IMGP0556.jpg

チャージャーズ(ラストファントムズ)モノは今でも販売されているので珍しくもなんともありません。
そのまましまい込んで、また四半世紀たって(オレも死んでるかも)発見ってのもナンなので、
いま持っているプレーンのCWU-45/PとWEP(G-8)ジャケットへ縫い付けました。

IMGP0559.jpg
CWU45ジャケットは、一応1988年VF-161解隊記念ジャケットって事で作りました。
背面はWESTPAC(西太平洋クルーズ)記念パッチと初期型パッチが抜けているのでいずれ買い足そうと思っています。
一方のWEPジャケットはあまったパッチをセオリー通りに貼り付けていきました。

IMGP2888.jpg
いい加減に付けてるようですが、笑われない付け方だと思います。
詳しい貼り付け方は次の機会にて。
スポンサーサイト

アルファ ビンテージ MA-1

IMGP1310.jpg
   初期型MA-1のレプリカ。1999年購入

購入時の中田商店・店員の説明によると、実物サンプルが社内に現存しているのでそれを元にアルファに大量発注して作らせたそうです。

現物は精巧なモデルジャケットとは思えませんでしたが、売り切り品の安さに惹かれていっぺんに2着も購入してしまいました。

買ったときはあまり似てないレプリカモデルで嫌でしたが、さすがに10年着ていると愛着がわいてきました。
秋口から春先までほとんど毎日通勤時に着用しており、jジッパーの黒色加工はとっくに剥がれてしまっています。

色落ちはエリまわり、袖口のニット部分のみ、破れは数年前、バイクでコケた時に出来たニット部のみです。
作りは非常にしっかりしていて外装内装とも、経年劣化によるほつれや破れは一切ありません。
この先も、まだ十分着用できることでしょう。(後の2着入れれば一生モノかも?)

商品名に付く「ビンテージ」は名前であっていわゆる実物デッドストックや年代モノ(ビンテージジャケット)の類ではありません。
ヤフオクで同名の出品物をたまに見かけます。
ついでに同社製・68年DタイプのMA1も同じで、こちらに記事を載せています。


参考:付属紙製タグの表記。
Vintage MA-1
Jacket Flying Mans ・ Circa(およそ・頃) 1952
中略
F-86 セイバーの話とかオキシジェン(酸素マスク)タブやヘッドセットのワイヤータブの説明
中略
MADE IN KNOXVILLE, TENNESSEE, U.S.A

革を育てる

 これはナメして縫製された新品の革製品がだんだん使っている(着こんで行く)うちに使い勝手(着心地)が良くなっていく現象です。
バックなどの革製品なら使い勝手や色合いが良くなったりしてくるので育ってしまったモノを使いこなすのはOKなんですが、革ジャンなど着るものとなってくるとちょっと違ってきます。問題は着ジワって奴です。コレだけは何をやっても消えません。

体格って言うか骨格と肉付きが自分と同じな人以外、同じ着ジワは付かないからです。関節や肩幅、胴回りが自分と違う人が着込んだ物は中古で買ってどう着こんでいっても自分の体にベストマッチとは行きません。ナイロンやコットンも着ジワは付きますが、これは直せますし気にするほどではありません。
オレはこだわりがある革ジャン買うときは型落ちのモデルがどうしても欲しい時なんかを除いて新品で手に入る物はなるべく新品で買っています。理由は中古品は最初の所有者の着ジワが付いてしまっている革ジャンはたとえ所有者が変わろうとも最初に着こなした人の物でしかないからなのです。

20090127231759.jpg

2008/04/15

イーストマンA2

20090127231520.jpg
 ラフウェアコントラクト42-1401P 復刻モデル

 当然、実物のラフウェアコントラクト42-1401Pが手元に無いので、見比べる事は出来ません。なのでごく細部は判りませんが全体的には良く復刻されていると思います。割と小さめなところも・・。管理人のA2にAAFマークは付けて貰いませんでした。実物だとAAFマークは1943年度契約分のA2からついているそうです。実際は支給済みのA2にも後からAAFマークを貼り付けた例もあるそうなので1943年度契約以前のA2にAAFマークが付いていてもおかしくないそうです。イーストマン社でも希望があれば5ポンドで貼り付けてくれるそうですが、オリジナリティは損なわれるとの話でした。この42-1401Pは1941年度契約分なのでオーダーしませんでした。オリジナルにもAAFマークは付いていません。

ジッパーはクラウンの復刻が付いていました。オレは今までなぜかちゃんと動くクラウンジッパーが付いている実物を見た事がありません。大体、壊れたままか、タロンやコンマーに取り替えられているのがほとんどでした。もし、性能まで復刻していたらちょっと耐久性に疑問ありです。ファスナーは壊れると厄介ですから。できれば同じ形のYKKにして欲しかった。もっと欲を言うと真鋳で。

2008/04/12

Alpha アルファB-15D

20090127230011.jpg
     B-15 (MOD) Flight Jacket



近所の古着屋に旧マッコイのMA-1(E)タイプがあるとの情報を得て見に行ったら新品同様のこっちを買ってきてしまいました。実際アルファがB-15を作っていた頃は社名がドブスだったので正確には復刻ではありません。友人からは腕が通りやすいのでオカシイとの指摘もありましたが、そんなことは気にしません。作りがよければそれでいいのです。

ラベルが無いMA-1の初期型とこのB-15Dの違いは管理人にはあまりよく判りません。

ファスナーだって換えられてればわかりませんからねぇ。識別の白い糸だってぜ~ん部のMODがそうしていたなんて限らないし、同じ糸がありゃ同じ色の糸使うでしょ普通。

この古着屋にバズリクソンのもありましたが東洋ものは新しいときはクオリティが良いんですが一年以上経つと色落ちが激しくて実物みたいな感じがしません。それをヤレた感じと取るかは個人の問題です。年を取って感じる事ですが衣料は自分自身で着古してヤレてこないと質感出ません。

人工的に何十年も前の実物FJのヤレ感を出すことなんて出来ないと思います。

2008/04/06
プロフィール

jiro_0010

Author:jiro_0010
Garage JUNK BOX管理人

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
Powered By Garage Junkbox
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。