FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弐課新年顔合わせ

IMGP1074.jpg 
国立の鉄道研究所前に集まった弐課メンバーたち。
オレは来年のライダーデビューを目指すムスメのためにハンターカブ(CT110)を観察した。
そして試乗させてもらい、このバイクのトルクフルでキビキビした走りを十分堪能させてもらった。 
 
CT110は基本的に当ガレージのスーパーシェルパと同じコンセプトで作られている。
最後にライフルホルダーはゼヒ付けてほしいアイテム。
このバイク見てるとシェルパにも右側のスタンド着けたくなる。
スタンドはストックマンというシェルパのオセアニア地域仕様に存在する。
リンク: http://www.kawasaki.com.au/index.php?category=motorcycles&sub_category=1&product=21

たぶんスイングアームごと交換しなきゃならないだろう・・・。

 

 


IMGP1101.jpg
その後、あまりにも寒いのでファミレスへGO~

 

 


IMGP1092.jpg
家に帰って娘にCT110の画像見せるがあえなく却下。
理由はガソリンタンクがないからとのこと。
本人は意外にもハスラー90を気に入った様だ。それも黒ならなお良しとの事。
オマエさんもオヤジと一緒で黒いバイク好きなんだね。不思議。

2009/02/01


スポンサーサイト

第弐小隊 奥多摩廃線ロケハンツアー

 話は何日か戻って、連れのカワサキ乗りより託されたヴィンテージブーツ。
コイツは何十年も経ってるブーツの底をビブラムソールに張り替えたり、手直しをしたりして使えるように手を掛けたんだが、本人には小さくて履けないのが判明したんで(バカ)オレにくれると言うがその代わり名前とウンチクを調べろとの事。
IMGP0160.jpg  
このブーツ、見た感じは古いオフロード用っぽい。だが、オフ車の世界を良く知らないオレには心当たりはない・・。でネットとかで調べたんだけど結局よくわからない。
IMGP0161.jpg  
そこで弐課隊員は古いもの好きが多いので、もしかしたら誰か知ってるかもって事で、怖い怖いロケハンに同行する事になった。まあ、顔だけ出して帰っても良いかな。 ロケハソ怖いし・・・。なんて軽い気持ちで・・・。
 
早々と集合場所に一番乗りを決め込み各隊員にブーツのこと聞いてみるが「古くて良いものそう」って事以外判らなかった。 これで今日のオレの弐課出動は終了~。 さいならっ。

 2008/11/05
なんて事にはなる訳きゃない。 

IMGP0093.jpg
 ここは奥多摩のとある廃線トンネル。
途中からレールの上走ってココまでやってきた。
そして我々旧車弐課の行く手を阻むのはドルゲじゃなくて、何十年も使われていない鉄橋だった。
 IMGP0082.jpg
弐課隊員はバイクを置いて徒歩でその鉄橋を渡ることに。
下まで30メーター位だろうか? 落ちたら命は助かっても骨折は免れない。
やっとの思いで鉄橋を渡って廃線跡をどんどん先へ歩いていった。
IMGP0065_20090130235654.jpg 
トンネルを何個も抜けて
歩く事30分近く。
IMGP0074_20090130235707.jpg 
ココで終点。ここは廃線の終点じゃなくて徒歩で行ける限界点。
今日は廃線探訪ツアーじゃなくてバイクで走れるかどうかの下見だからね。
ハイ皆さん戻りますよ~。
オレには気掛かりなことがあって早く戻りたかったのだ。
IMGP0060_20090130235621.jpg
そしてまた30分近く掛けてバイクを止めたところに戻った。
「バキッ」
コレはオレがさっきの鉄橋に張ってある朽ち木を踏み抜いた音。
文書だと説明が非常に 難しいが、反動で残りの木片がオレに襲い掛かってきた。
気がかりな事ってコレだった。、もう怖いので早く帰りたくなった。
IMGP0090.jpg  
記念撮影をして昼飯食ってマターリして、さああ~、 帰るぞおお~(やった!!)

2008/11/05
甘かった。ホントにオレが甘かった。

帰り道はナゼか犬がワンワン吼えている家の法面を覆っている擁壁の上部を走り、人が真正面だとすれ違えない狭い狭い道を隊員たちは走って逝ったのだった。
乗車姿勢の高いKLでそこを走るとまさに山腹を飛んでいるような感覚に見舞われて怖い。
IMGP0132.jpg 
 
そして最後の難関は落ちかけた単管で組まれた橋だった。来た道は細すぎて戻れない。
もうそれはドリフのコントに出てきそうなよく滑る斜めになったすごい橋だったのだ。
「もお、落ちてもいいや」と諦めて笑うオレ。 KLダメになったら次はマッハスリー起こしてぇ~、銀色に塗りまくってぇ~、タンクにペケマーク入れてぇ~、ハカイダーの歌口ずさんでぇ~。 脳内ハカイダーショットでこいつらを~。
なんてことが頭の中を駆け巡っていると、タケ隊員とエル坊隊長がオレのKLを向こう側に渡してくれている。
結局オレは何もしなかった・・。うぅっおまいら有難う。
 IMGP0113.jpg
画像は体に余裕が出来たのでその時撮影したものです。
決してあさま山荘突入場面を再現したのではありません。
 
その後、今も稼動している現役トロッコを見学してあっけなく青梅街道に出た。
でも右折?
んん?
帰りは左折じゃ??
まだどっか逝くの?
やっぱタダじゃ終わんない弐課だなあ。
もお、2度も落ちそうになったからタダじゃないんだけどな。
なんて考えてたら、
 
IMGP0145.jpg 
そこには西東京バスの最近運行を取りやめたボンネットバスがひっそりと佇んでいた。
もうオレの興味は後悔よりそのボンネットバスへ。
昭和42年(1967)製造、いすゞBXD50北村製作所ボディでオレの好きなディーゼルエンジン載ってる。
コレは違うけど、カワサキってその昔、ボンネットバスも作っていたのよね。
 
そして陽もだいぶ落ちてきたので途中で夕飯食って解散する事に。ホントに帰路へ。
結局、ブーツの事は何にも判らなかったが、オレが高所恐怖症だって事は良く判った。
とブーツをくれた連れのカワサキ乗りに報告しておいた。
 
おおっと、歩きすぎて足の皮がまたムケた~。 履き慣れない靴はダメだなあ。

2008/11/05

奥多摩 超急カーブロケハン顛末記

 集合場所のまえに
IMGP3300.jpg 

本日は急遽『超急カ~ブを見に逝こうゼッ!!』イベントのロケハンに行く事になった。

左は集合場所へ向かう時に撮った「7せん7ひゃく7じゅう7てん7キロメートル」の記念画像。

たぶん「7まん」は来ないと思われるのでコレで気が楽になった。

 


 

集合場所

IMGP3302.jpg 
今回の集合場所はいつものセブンではなく、もっと都内側。

雨の影響で後から来たエル坊隊長の画像は無い。

弐課ジャケの支給を受け、しばらく歓談して出発。

そして五日市街道の工事渋滞のドツボにはまる。

今日の弐課出動も何かあるような予感。

 


 

戦車のフレーム?
IMGP3303.jpg 

大変見づらくて申し訳ないが、タケ隊員の足元にあるのは

途中で寄ったみじかい林道の傍らにある戦車の車体を利用した橋。

草ぼうぼうでよくわかんね。

IMGP3310.jpg 
2個めは大変判りやすかった。

辺り一面の緑色に鉄サビの色がいい具合に車体の構造を浮き立たせる。

思わず歓声が上がる。

ここ周辺は大東亜戦争末期に地下軍需工場が作られたところらしい。

 


 

短い林道へ
IMGP3324.jpg 

弐課ジャンパーを着込んだ3人はさっそうと2-3キロほどの林道へ。

ダートを抜けたオレとエル坊隊長はタケ隊員がいないことに気づく。

心配になって後を引き返してみる。

 


 

トラブルキター

IMGP3341.jpg 
林道の入り口まで戻って見ると、イッショ懸命にキックのお百度を踏むタケチャンの姿が・・・。

先行して戻っていた隊長のハナシではエンジン掛かるんだが止まっちゃうらしい。

旧車は車載工具を常備しましょう。



 
IMGP3355.jpg 

いろんなトコを見てみたが何処も異常は無い。

だけどアイドリングしない。

燃料コックを閉めるとエンジンが安定するようだ。

 
IMGP3356.jpg 
       近所の子供達が拾ってきた捨て猫。

うまれて間もない。ミルクしか飲めない。母ネコからムリヤリ離された様だ。

どうせ捨てるんなら自力で生きていけるようになるまで育てから捨てろよな。

無責任な飼い主に腹が立つ。

トラブルシュートや捨て猫騒動に疲れ果て昼飯にする事になった。

 

 
IMGP3362.jpg 
 
エル坊隊長はメシを食っている間中、なにやらブツブツ言っていた。

どうやら先ほどのトラブルシュートに納得がいかないようだ。そして食い終わるなり立ち上がり、キャブの分解を始めた。

「あ゛~っ」 なんか叫んでいる。 ようやくトラブルの元を発見したようだ。

なんとスロージェットが外れていたのである。 なあーんだ。って何でそんなトコはずれんだ??

画像はションボリとパイロットジェットを取り付けなおすタケ隊員。

 


 

超急カーブ

IMGP3375.jpg 
路上に「超急カーブ」とペイントされたコーナーの入り口にやっとついた。

バイクを並べて撮影完了。

そして近くの林道へ。

 


林道2本目
 
IMGP3376.jpg 

勾配のあまり変わらない地形を坦々と走る林道。奥多摩の林道に珍しい。

川辺との高低差も、ものすごい恐怖を感じるほどではない。

しかし、最後はいつもとおんなじで高いガケっぷちを走ることとなる。

本日はコレにて引き上げ。

 

 
IMGP3382.jpg 
 
帰りに林道際の水たまりにいた子供のヘビを捕まえてこいつの特性を語りだすエル坊隊長。

これは、「ヤマカガシ」と言う毒蛇です。よいこの皆さんは真似しちゃいけませんよ。

 
出発:07:30 帰宅:23:30 全行程:98km

2008/09/16

 


第壱小隊出動 ミーティングin二俣尾セブン

二俣尾セブンイレブン

AIMGP2628.jpg


掲示板にて川野方面ロケハンの募集があったのだが、夕方より別の用事があるので本日は壱課で出動。

出掛けに購入7年目のバッテリー上がりで30分ほど時間ロス。

もちろんロケハンへは同行できないので、奥多摩周遊道路、上野原経由で帰宅の予定。

時刻は集合時間を過ぎているが誰もいない。

 


 

 EZ-9
IMGP2629.jpg 

次に着たのがエル坊隊長。

前に見たときより泥んこ度が増している。特に後ろね。
 
タケ隊員のハスラー90画像は訳あってない。

 


 

偵察任務開始。

AIMGP2632.jpg 

タケ隊員が到着したので川野方面へ偵察開始。

奥多摩周遊道路入り口までロケハン隊の護衛任務に就く。

 


 


川野駐車場

AIMGP2634.jpg 
仏舎利塔偵察に向かった第2小隊とはなれ一機だけ、ロープウエイの鉄塔のある駐車場にて撮影。

このあと、路面規制で見事つまんない道へと成り下がった奥多摩周遊道路へ。

天気は最悪、下着まで一気に濡れてしまう豪雨とクソ暑いカンカン照りが交互に何回も続き、挙句の果ては上野原へは通行止めで出れずに五日市街へ近づくにつれ、ジトジトと蒸し暑くて死にそうになった。

その後、奥多摩街道、川街道を抜けて下道で無事帰還。

バッテリー上がりでセルが廻らなくなるトラブルは起こらなかった

 



出発:08:00 帰宅:14:30 全行程186km

2008/07/26

第2小隊奥多摩花見大会

氷川付近
IMGP1682.jpg 

横浜では終わってしまった桜の見ごろは奥多摩へくればまだ満喫できる・・・ハズだった~。

本日の参加車両はEZ-9 ハスラー90(通称ハス坊)、KL250A、KL250G。

標高海抜800mに位置するここの桜はまだ5分咲きだった。 では企画終了ってことで・・・。

しかーし、弐課はコレでは終わらない。

昼飯に最適な場所を探して付近の探索を開始。 

 

 


  土石流災害のあと
IMGP1695.jpg

 先日の大雨で土石流によって潰された未完成の林道をハケーンした。本来の道路面は画像手前から右側へ存在していたようだ。画像右側から先は道路基礎があるだけで通り抜ける事は出来ない。

しつこい様だが未完成の林道だからだ。その先で林道は終わっている。

さて再び昼飯食う所探しに行こうと思ったが、コレで終わる弐課ではない。

なぜかはしゃぎまわるエル坊隊長と茸隊員。

初めに言っておく。今日はオレやCCIS大将の出番はない。 

 


 ナゼかアタック開始!?

IMGP1700.jpg 

何を思ったかきびすを返してアタックをはじめるエル坊隊長。

ヲイヲイ、そこは道じゃなくて川だぜ。タイチョ~。

 
IMGP1706.jpg


適当なルートが見つからなかったらしく、エル坊隊長はEZ-9を駆って

がんがん川の中を走ってまだ開通してない建設途中部分へ行ってしまった。

 


 

タケ隊員、オマイもかあ~
IMGP1702.jpg 

先へ逝ってしまった隊長をうらやましそうに見ているタケ隊員。

やっぱり逝ってしまうのか?

 

  

  IMGP17143.jpg

  
当然のように川の中をガシガシと走リ抜けるタケ隊員。

そのままEZ-9とハス坊は未完成の道路の奥へと消えていってしまった。

ホントにその先は何にもないんだってば。 

 


 

大トラブル発生! 
 IMGP1722.jpg
5分後、仲良くうれしそうに戻ってきた二人。なんかあったんかい?

帰りももちろん、川中走行が待っている。

 

そしてご待望の弐課が出動する際にはハプニングありの大トラブルが発生する。 

IMGP17245.jpg   

そして、元来た川を渡りだすタケ隊員。

ナゼか川の中でエンジン停止。

エンストした模様。

  
IMGP1727.jpg   

なかなか動き出さないので近くによって見ると・・・。 

「あらら、チェーンが外れてしもとるわ」とCCIS大将。

「大変だ~、車載工具はどこだあ~、アクスルナット緩めろ~」とか取り乱すオレ。

だって川の中なんだもの。

  
 
 
IMGP1731.jpg

チャリンコのチェーンが外れたときとおんなじやり方でハス坊のチェーンを掛けなおすタケ隊員。

あっけにとられてぼーぜんと立ち尽くすオレ。

感心するCCIS大将。

面白がるエル坊隊長。

本人談では、ソロで道なき道を走り回る時の知恵だそうだ。 
 


 

エル坊隊長~、おまいもか?

IMGP1740.jpg  
見づらいが前後タイヤの間にでかい岩石が挟まってしまっているEZ-9。

脱出しようとEZ-9のパワーバンドにあわせてがんがんトラクションを掛けまくるエル坊隊長。

まあ、チェーンが外れることはないでしょう。だってEZ-9のチェーンは完全シールドケースの中で回ってるからね。

その後、またすごい光景を、今回はまるで出番のない完全外野のオレと大将に見せてくれる事となる。

  

   IMGP1742.jpg


無事脱出に成功したのも束の間、EZ-9の余剰パワーはものすごく、

カタパルトで打ち出されたようにものすごい勢いで川の中をEZ-9は走っていく。その距離ざっと20M。

合わせる曲は、ケニーロギンスの「でんじゃあゾーン」だろうか?

あやうくタケ隊員にぶつかりそうになった。オレなら多分つうか絶対フリ飛ばされてこけてる。

ここいら辺で今までやってきた経験値がモノをいう。

 
IMGP1745.jpg 
無事に戻ってきた二人。

無粋ながらアタックした理由を尋ねると。

「そこに道があったから、逝かなきゃ」と単純明快な答えが返ってきた。

おつかれさま。とにかくメシにしましょう。

 


 



IMGP1757.jpg 
 
コレで撤退かと思いきゃ、ちゃんと満開の桜の下で花見をするわれら弐課隊員。

旧車弐課はただでは終わらないし転ばない。 

 


光明寺前交差点
IMGP1825.jpg 
 

その後、メンバー全員がオレのキカロケ取材に付き合ってくれ、ロケ地ポイントを懸命に探してくれた。

オマイラ、ありがとう。

有意義な時間をすごして帰途についたのは22時を回っていた。

 

 


 

出発:07:30 帰宅:23:30 全行程:143km

2008/06/18


プロフィール

jiro_0010

Author:jiro_0010
Garage JUNK BOX管理人

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
Powered By Garage Junkbox
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。