FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小型トラック野郎 第3弾 望郷七番星

大雨の中、岐阜県の昭和村を目指して今回も下道で出発した。
R20号を順調に進んだが、途中、諏訪湖の手前で大渋滞したのでそのまま高速へ。
ETCウラ技の通勤割引2回で恵那山トンネルを越えて日本昭和村を目指す。
温泉はすでに営業終了。とほほ・・・

imgp0153.jpg
そのまま昭和村道の駅でPキャンした。

次の日は真っ先に国宝四城の犬山城へ向かった。持ち主が個人から岐阜県へ移管されたもよう。
貴重な国宝なんだから揉めたらちゃんと国で買い取れよな。

imgp0205.jpg
展望は当たり前に最高。

その後、各務原の航空自衛隊岐阜基地周辺へ。ココは川崎重工の工場が基地に併設?され、旧日本軍の史跡が多く残っている。

imgp0267.jpg
大日本帝国陸軍三式戦闘機「飛燕」の掩体壕

そして、今回の目玉の一つである、各務原航空博物館に設置されている実物と同じパイロット訓練用のフライトシュミレーターを操縦しに行くが、残念な事に平日で来館者が少なく運休中だった。ココは川崎重工航空機資料館もといってもおかしくない位カワサキ製の飛行機が数多く置いてあった。

imgp0378200.jpg
博物館の社用車もコレかな?。


次は彦根城へ。琵琶湖の眺めを堪能しようと天守閣へ上ったがあいにくの霧であたりは何にも見えず・・。
imgp0411.jpg
国宝三城はコレでクリア。もう一つ、後は姫路城で制覇。だが、それはいつの事やら・・・。

草津で温泉に入ってからテキトーなーとこで就寝。
入京して先ずは何百年か前に安陪晴明の自宅があったと言われている、
imgp051326.jpg
晴明神社へいってありがたい陰陽道?のお守りを買う。
因みにココは千利休も住んでいたそうだ。

次はウルトラセブン「ウルトラ警備隊西へ」で六甲防衛センターとして登場した京都国際会議場へ
なんかチキューに関する重要な会議があるらしくて見学者は立ち入り禁止とのこと。また出直す事にした。
セブンファンならここは押さえておきたい所である。
でもあんまり内部は映ってなかったような気もする。

京都へ行ったので昔から興味があった新選組関係の史跡へ。
壬生駅周辺のコインパーキングにクルマを止めて散策開始。
伝説野郎(ハンディGPS)に関係史跡をセットしてきたので矢印でどんどん案内してくれる。

昼飯は市場の食堂でなんとか定食を食べた。うーんココも関西風。うまいのだがやっぱ口に合わないなぁ。

そして梅小路機関区へ
imgp0856.jpg
今回はC61 (D51の3軸バージョン)がSLスチーム号として乗車できた。
ココは元、本線系を走っていた大きな車体が多いし、何両もの動態保存機と接すると感動が違う。
川崎車両の銘版を何枚か撮った。 もう気が付いたら夕方。

近くの温泉施設へ行って入浴&夕飯。 さすがにココ(関西? 近畿?)まで来ると味付けが関東と違う。
Pキャンなので寝る場所探すが、当てにしていた所は落書きが多くてドキュソの溜まり場風だった。
いい所がないので京都の24時間パーキングへ入れてそこで寝た。

朝起きてさっそくクルマを置いたまま歩いて清水寺へいった。
でも目的は観光名所ではない。
境内にある地主神社というお社である。
ここにある木にはタマに呪いのワラ人形が五寸釘で打ち付けられているそうだ。
imgp0923.jpg
さすがに管理人が見たときには無かったが五寸釘をひっこ抜いたと思われる無数の穴が沢山開いていて不気味だった。

最終日は嵐電・嵐山本線(京福電気鉄道)を見に行く。 
目的は運転手の気分になって電車と一緒に走ること。

imgp0962.jpg
  軌道の上をハイエースで走れるなんて・・・

東京や鎌倉、豊橋は車道と路面電車の軌道とがほとんど分離されていて、のびのびと一緒に走れないからだ。
そんなん下らんと思う方は笑ってくだされ。

imgp0974.jpg
   一緒に走りながら撮影完了。

そして高速使わずに下道13時間掛けて横浜へ帰った。
スポンサーサイト

小型トラック野郎 ☆爆走七番星☆

去年の「小型トラック野郎 御意見無用に続いて第二弾。
ハイエースで三重県津市までチョコっと行ってきました。
理由はまた単車を買ってしまったから。それもまたもや三重県の業者から・・。
全く困ったもんだ・・。これで我が家は4台目。

小田原厚木道路の側道
b0064784_2221374[1] 
R271を湘南平、箱根連山、富士山、丹沢山系を同時に眺めながら軽快に走る
今日は午前中土砂降りだったせいか、やたら空気が澄んでいて山際が最高に綺麗。
一年前と同様、経費を抑えるために完全下道制覇を目指すのだ。
国道一号旧道の橋を渡り、ちょっとズルして箱根新道へ・・。  
 

夕映えの富士山
b0064784_22223532[1] 
R1富士見食堂付近から眺める夜景はまさに絶景。何度見ても飽きない。
夕方の混雑で三島市内・沼津市内は渋滞にはなっていないものの、超トロトロ走行だった。
そして富士川を渡り蒲原の工場群へ我がハイエースは吸い込まれていった。
 

東海道定食
 b0064784_22285569[1]
あーハラ減ったなー。今日の夕メシは由比のスマル亭で食べようかなんて考えていた時にはスマル亭は目の前に・・。
もう止まれないし引き返せない。遅かった・・・。スマル亭よサラバ!!
そのままR1静清バイパスをひた走り宇津谷道の駅手前のドライブイン「東海道」へ入って夕飯にする。
 
 
 b0064784_22291018[1]
今回頼んだメニューは「東海道定食」。ここの食事はボリュームがあってうまい。
ワンカップの空ビンに入ったお茶を飲み干し、出発してまた西へとアクセルを踏んでいく。  
 

国道1号線から国道23号線
金谷の夜景を眺めて日坂バイパスを下ればもうすぐ浜松だ。 夜空にそびえ立つエレベーターの工場(磐田か袋井だったか)の脇を抜けて タダになった浜名大橋へ。ここは昼の明るいうちに通るとまさに離着陸気分がが味わえる。
浜松を難なく過ぎ豊橋に入ると路面電車の軌道と共にR1はやがてR23へ (路面電車はここで左折)豊川橋(ここもタダ)を渡って蒲郡へ入ると小雨がパラパラ降ってくる。
国道23号、蒲郡付近は狭くて不安な道程だ。しかし、知立バイパスへ出てしまえば、軽快に名古屋まで行くことが出来る。 今日の目的地は三重の長島温泉だ。前回の桑名行きでちょっと気になる所があったのでそこでPキャンしようと思う。

 JAF出動騒ぎ
途中の「道の駅安城」で休憩している時に悲劇は起きた。
キーの閉じ込みをやってしまったのである。
早速、JAFに電話しようとしたが、携帯もジャケットも車の中・・・。持っているのはサイフだけ。
もう時刻は午前0時近い。奇跡的に公衆電話を発見し、30分後ロードサービスを受ける。
JAFって来るの速くなったなー。前回(20年前)は2時間半待たされた。JAFのサービスマンのピッキングの業は素晴らしかった。
b0064784_2231671[1] 
 
 

長島温泉
b0064784_2232841[1] 
R23は名古屋市内で3車線や4車線になる。こんだけの道、
普通に流していても80-100はでてしまうのに制限速度はナゼか50キロという恐るべき国庫金搾取道路なのだ。
この日も覆面にバンバン捕まっているのを目撃した。たぶん騒音対策だろうけど。
何とか名古屋市内を抜け、1時前に長島温泉のオートレストラン長島へたどり着く事が出来た。
ここはナゼか24時間のレストランなのにフロ屋もやっている不思議な所。 寝る支度をして長島の湯って温泉へ入りに行ったが、ナゼか閉鎖中。朝まで待てって事か。ナゼか閑散としたゲームコーナーに若いアベックが夢中になってゲームをしていた。 全くナゼが多いところである。
そのまま車中泊の突入して一日目は終わった。 8時に長島温泉を出発して四日市、鈴鹿をへて津市へ。 十日市は巨大な田子の浦って感じだろうか。片側2車線なんだけど道幅が広い。首都圏なら間違いなく3車線取っているだろう。  
 

津市にてバイク引取り完了
b0064784_2233370[1] 
無事に部品取りバイクをハイエースに積んで家へメール。
土産を買って帰れと言われたので近所のスーパーへ。
三重と言ったら松坂牛だろう店員に聞いてみるがそんな高級なお肉は一般市民は買いに来ないそうだ。
 



松坂牛

b0064784_22335334[1]

昼も近いし腹も減ったので津駅の近辺をウロウロ。 永井病院ってでっかい病院の前で患者さんに聞いてみた。
「永井と言いますがここいらで松坂牛食べれるとこありますか?」
で、教えてもらったのが「脇田屋」他店との価格設定の兼ね合いで「松坂牛」は前面に出してないが、正真正銘の松坂牛だった。

b0064784_22341814[1]

アブラミの嫌いなオイラにはカルビよりハラミの方がうまかった。たれは味噌ダレ。最高だった。
腹いっぱい食って2,500円を払って帰路に付いた。
唯の昼飯ならこの値段はちと高すぎるが、松坂牛を腹いっぱいとなるとえらくリーズナブルな気がする。

腹いっぱいになった所で国道23をひたすら東へ。




b0064784_22352066[1]
おんなじ道で帰ってもつまらないので名古屋市街を抜けて
国道19号から諏訪経由で20号に出て帰ることにする。
名古屋は大都市ながら地名や神社、奇祭などB級っぽい面白い所が点在する。
せっかく来たのでどっか寄っていこう。
行き先は「犬山城」このお城、戦国時代から本気で立っているのだ。
でも、所有者が個人でお金が掛かって修復できないから閉鎖になっているらしいのでパス。


道の駅 賤母
b0064784_22363097[1]
19号に出てから一旦岐阜県に突入。 長野に入って釜戸駅の傍をを通る頃、中仙道で現存する宿場を見ながら帰ろうと思ったが道の駅がそれっぽかったのでおなか一杯になってしまいパス。


国道19号から伊那へ
b0064784_22382380[1] 

木曽福島を抜けてしばらく走ると「権兵衛トンネル開通」のカンバンが出ていた。
予定変更で伊那(361)→高遠(152)→杖突峠(20)で諏訪に出て帰る事にする。
19号は大型ばっかでウザくなっていた所。
道自体、オレがトラッカーだった頃とあんまし変わってない。
逆に18年前がなつかしく思うことができた。


権兵衛トンネル
b0064784_22385988[1]

開通したての「権兵衛トンネル」を通って伊那に出たのは5時半を回った所。このトンネル有料じゃないのが不思議なくらいお金が掛かったトンネル。関東で言えば「雁坂トンネル」に匹敵するするくらい。


肉のたけだ
  

温泉施設付き道の駅で休憩
b0064784_2247635[1]
R20を右折してしばらく走ると、道の駅「信州蔦木宿」があったので少し休憩。
ここは温泉設備がある道の駅として有名な場所。
そこで温泉に浸かって帰ろうかと一瞬躊躇ったが、帰る気がなくなったらいやなので
そのまま出発した。


その後、我がハイエースはR20を東京に向けてひた走り、 相模湖(412)、相模原(16)、町田(246)、 を経て我が家に到着したのは23時だった。


今回の総走行距離860km 燃費15km/L

トワイライトな奥秩父ドライブ


s-IMGP2111.jpg KLで林道ツーリングへ出掛けるはずが、朝から雨が降っていて中止に。

そこで各メディアで有名な入間市の「古都」へ食事がてらドライブ。「古都」へ着いたのは12時半くらい。

早速注文すると出てくる料理のボリュームがでかい。
この店、こんな値段でやっていけるのだろうか・・・。
これを完食できる人は何人ぐらいいるんだろうか・・・。

 

なんて疑問がふつふつと沸いて来る。結果、家族でで完食できたヤツはいなかった。だってものすごい量なんだから当たり前。

メニューに興味がある方はこちら

 


 

s-IMGP2131.jpg その後、涼を求めて山あいへワゴンRを走らせる。正丸トンネルを抜けないでそのまま正丸峠へ。
ここは幽霊話が多いところだけに昼間でも不気味だ。峠は展望があまり良くなく、そのまま下ってしまった。またR299へ戻って秩父へ向うと「道の駅 あしがくぼ」がある。トイレ休憩かねて施設へ入る。

この道の駅は川遊びが出来るのだ。

 

 


 

s-IMGP2143.jpg 30分ほど川辺で遊んだ後、秩父市街へ。

雁坂トンネルを通って山梨まわりで帰ろうという事になったが、まだ時間がある。そして群馬県境のR299志賀坂峠へ。

この峠はトンネルになるのだが、埼玉県側は展望がよい。上から自分達の走ってきた道路を眺める事が出来るのもこの峠の特徴である。

一旦、志賀坂トンネルを渡り群馬県側へ。


この先には日航機遭難事故の慰霊碑や現場に通じる登山道があるらしい。子供達に日航123便のこと、自分との係わり合いを説明してしばし黙祷する。慰霊碑まで行って見ようか悩んだが事故日より20年目の次の日である。野次馬根性で見に行くのはやめておいた。


s-IMGP2170.jpg 15年ぶりに金山志賀坂林道へ入り、立派になった八丁トンネルを通ってニッチツ鉱山へはいる。
ここは廃墟は多いが、決して廃坑や廃村ではない。
鉱山自体は少人数ながらちゃんと稼動していて住人もいる。
お盆休みなので操業は停止しているものと思っていたが、予想より多くの人びとがいた。 この人々はこの地で生まれ育った人々なのだろうか・・・? それとも帰省・・・?

そして使われなくなって久しい保育園、小学校、売店、ko公衆浴場などを見て回った。


経年の劣化か、人為的なものなのか最後にここを通った時の記憶より建物の損傷は想像以上に激しい。20年程前、ここをはじめて通った時のこの風呂場の存在にびっくりしたのを思い出す。
そして、中津川林道の入口を横目にR411へ。


 

s-IMGP2224.jpg

 走りながら道がだいぶ変わっていることに気づく。15年前に秩父から中津川へ通った道は谷底にあり、現在走っている道路は山腹をトンネルでぶち抜いていった無機質な道路である。
まだ水を貯める前で内側がそこまで見える建設中のダムを見学した。 ダムの裏側を見るのは始めである。

水で満たされたらもう見れないので貴重なショットかも。


 

s-IMGP2250.jpg

 夕暮れの雁坂トンネルを抜けて塩山市街を通り勝沼で名産の巨峰とワインと桃を買い求め家路についた。閉店間際なのにありがとうございました。


 

s-IMGP2251.jpg

その後上野原で味噌ラーメンを夕食に選び、八王子を通り、川崎街道脇の在日米軍多摩レクリエーションセンターを通る。

ここは旧日本軍の弾薬庫跡地をそのままに近い形で利用しており、10年ほど前見学する事が出来た。軍施設という事で写真撮影はままならなかったが、弾薬を運搬するトロッコや弾薬庫がそのままの形で放置されており、現在日本に残る旧軍施設遺構の中でも数少ない貴重な存在といえる。 

50年代、60年代、70年代の建造物と一度に接し、現在もまだ占領状態の米軍施設の横で我は日本人である事の感慨に浸り、横浜の自宅に着いたのは午後11時を少々回った時間だった。今日巻き込まれた渋滞は秩父市街のみ。とは言っても迂回したのでほぼナシと言える。
前回に続いて連休中の奇跡か?


 

 

出発:10:30
ルート:自宅-調布-多摩湖-入間-古都-R299-秩父市街-R299-志賀峠(志賀坂トンネル)-金山志賀坂林道-日窒鉱山-R140-雁坂トンネル-R411-R20-八王子-川崎街道-R409-自宅
帰宅:23:00
全行程:345km
使用車:ワゴンR 
2005/09/25


トワイライトな遠州B級スポットの旅

IMGP2376.jpg
 台風の影響で箱根山は全山通行止。熱海まで出て熱函道路で沼津の丸天へ
名物はかきあげ丼だが、せっかく魚河岸が近いんだから新鮮な刺身定食でも食ったほうがいい。

IMGP2368.jpg
かきあげ丼 アブラっこいのが苦手な人はダメかも…。
 
IMGP2404.jpg
その後、遠州灘を見ながらドライブして遠州ダチョウの国へ。ここは海のそばにダチョウがいっぱい。
柵があんまりないので怖い。間近で見るダチョウはでかかった。

IMGP2425.jpg
ダチョウ見るのも飽きたから相良にいまだ残る軽便鉄道のトンネル遺跡を再訪した。
なんだか前より綺麗になってる。

IMGP2434.jpg
トンネル続きで今度は心霊スポットである、鬼女トンネルへそれにしても恐ろしい名前である。
中に照明もなく結構怖いトンネルだったが、別に何もでなかった。

鬼女トンネルってのは俗称でちゃんと名前があるそうだ。


IMGP2494.jpg
 次の日は近所の農家へ和牛を見学にいった。この手の農家で毎度不思議なのは、牛が本気で暴れたら崩壊してしまうような 牛舎で牛を飼ってること。

牛っておとなしい動物なんだね。

画像は生まれたばっかりの仔牛たち。

IMGP2547.jpg
航空自衛隊静浜基地へ遊びに行く。ここは大東亜(太平洋)戦争中 は大日本帝国海軍藤枝基地といって夜間戦闘機月光が配備されていたB29来襲による帝都防空の要となった基地だった。いまはパイロットの訓練に使用されている。

IMGP2625.jpg
時間があったので近くのディスカバリーパーク焼津へ行ってみた。あまり面白い物はないが、足つぼウォーキングは健康によい。オレは 痛くて全部歩けなかった。

IMGP2645.jpg
大崩海岸を通って静岡へ出る事に。ここは以前落盤事故があって道が海の上を迂回しているポイントがある。

その後一路横浜へ。

小型トラック野郎 御意見無用

 珍しく現車も見ずに買ってしまったKL250を引き取りに三重県まで行って来た。わざわざ遠くに取りに行かなくても配送業者手配して送ってもらえばいいとも思ったが、最近頃遠出してないし、ツーリングもタイミング悪くて行けないしで、なんだか無性に走りたい。一応、配送料金を調べると三重-横浜間で営業所止め2万円ちょっと。KLの持ち主が頼める業者は茅ヶ崎止め1万8千円也。ってことは全部下道だったらガソリン代のみって2万も掛からんじゃん。第一、数万円で買ったバイクである。あんまり経費も掛けたくない。よって長距離ドライブをかねて下道で行くことになった。


カーナビZH9MD壊れる。

20090129230039.jpg

R299-R1と順調に距離を重ねる。去年まで有料だった藤枝、掛川、磐田、浜名バイパスが見事無料化されていた。そして悪夢は突然やってきた。

浜名大橋直前でカーナビの画面が突然消えた。何をやってもウンともスンとも言わなくなってしまったのだ。今日に限っていつも持ち歩いているツーリングマップルさえ無い。コンビニで地図を買うのも悔しいのでか細い記憶を頼りに豊橋市街を抜けてR23に入る事が出来たが蒲郡を過ぎたあたりでとうとう道がわかんなくなってしまった。まったくのカンで走っていると道路が突然作られたばかりの高架になった。そう、国道23号線「知立バイパス」へ流入する事が出来たのである。

そんなものすごいアクシデントに見舞われながら三重県桑名市に着いたのが午前1時ちょっと前。そして待ち合わせのコンビニで車中泊しながら朝まで時間をすごす。

作戦目的完了。
20090129230100.jpg

持ち主は大雨の中、軽トラでボロボロのKL250を持ってきてくれた。すごい雨だったので車種と車体番号を確認するのがやっとだった。感想は「すごいボロい。こんなもん三重まで取りに来きて本当によかったのだろうか???」

このKLについて後で判明する色々な幸運がこのときは全然知る由もなかった。

持ち主もオフ車乗りってことでもっと話したかったのだが、この後このクソ雨の中、エンディユーロレース出場ってことでKLをハイエースに積み込み、車両代金を払い、書類をもらってそそくさと出発。せっかく名古屋に来たのだから、名古屋名物モーニングコーヒーと天むすは食べてみたかったが、カーナビが使えなくなったので、色々と調べるのが面倒でそのまま帰路へ。


あとは帰るだけ

20090129230044.jpg

帰りはおんなじ道を走ってもつまんないので名古屋を抜けたところで1号線をそのまま走った。渋滞はないが豊橋までとても時間が掛かった。よって浜松からR150経由で清水までの案もなくなった。沼津に近づいたあたりでいつもの悩みが始まる。横浜へのアプローチルートである。

いつもは沼津から東名高速に乗ってしまう。理由は簡単。横浜までの有料道路代を合計すると沼津からの高速代とあまり変わらなくなってしまうのだ。R246は論外。箱根をぐるっと迂回するので距離が長い上、トラックが多くて時間も掛かる。しかし今回は完全下道を選ぶのだ。色々検討した後、箱根峠-茅ヶ崎ー横浜市内(中原街道経由)のプランが決定した。

後にこの決定が思わぬ幸運とめぐり合うことになるとはこのとき知る由もなかった。


フロントフェンダー入手
20090129230050.jpg
豪雨&濃霧の箱根峠を抜け西湘バイパスを走らずに1号線をひたすら東へ。相模川の橋を渡っていると湘南ジャンクヤードが見える。そうだ。折れてるフロントフェンダーを探して見るため立ち寄る。

するとあった。

当然KL250の純正品ではないが、KXのフロントフェンダーが激安で置いてあったのだ。オレはのっぺりしたKLのフロントフェンダー形状よりもっこりした南国系の鳥のクチバシみたいなKXのそれのほうが好きだ。ウキウキの鼻歌交じりで次の日から始まるレストア計画を立てながら横浜の自宅にたどり着いたのが20時を少し回ったところである。

ハイエースからKLをおろしてエンジンを掛けようとしたが掛からず。実働バイクってことで買ったのにぃ。明日はエンジン掛けることから始まるだろう。

出発:16:30 ルート:会社-R299-R1-R23-三重県-R23-R1(岡崎経由)-中原街道-自宅  帰宅:次の日20:30 全行程:780km  使用車:ハイエース

2005/06/11
プロフィール

jiro_0010

Author:jiro_0010
Garage JUNK BOX管理人

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。