FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小型トラック野郎 ☆爆走七番星☆

去年の「小型トラック野郎 御意見無用に続いて第二弾。
ハイエースで三重県津市までチョコっと行ってきました。
理由はまた単車を買ってしまったから。それもまたもや三重県の業者から・・。
全く困ったもんだ・・。これで我が家は4台目。

小田原厚木道路の側道
b0064784_2221374[1] 
R271を湘南平、箱根連山、富士山、丹沢山系を同時に眺めながら軽快に走る
今日は午前中土砂降りだったせいか、やたら空気が澄んでいて山際が最高に綺麗。
一年前と同様、経費を抑えるために完全下道制覇を目指すのだ。
国道一号旧道の橋を渡り、ちょっとズルして箱根新道へ・・。  
 

夕映えの富士山
b0064784_22223532[1] 
R1富士見食堂付近から眺める夜景はまさに絶景。何度見ても飽きない。
夕方の混雑で三島市内・沼津市内は渋滞にはなっていないものの、超トロトロ走行だった。
そして富士川を渡り蒲原の工場群へ我がハイエースは吸い込まれていった。
 

東海道定食
 b0064784_22285569[1]
あーハラ減ったなー。今日の夕メシは由比のスマル亭で食べようかなんて考えていた時にはスマル亭は目の前に・・。
もう止まれないし引き返せない。遅かった・・・。スマル亭よサラバ!!
そのままR1静清バイパスをひた走り宇津谷道の駅手前のドライブイン「東海道」へ入って夕飯にする。
 
 
 b0064784_22291018[1]
今回頼んだメニューは「東海道定食」。ここの食事はボリュームがあってうまい。
ワンカップの空ビンに入ったお茶を飲み干し、出発してまた西へとアクセルを踏んでいく。  
 

国道1号線から国道23号線
金谷の夜景を眺めて日坂バイパスを下ればもうすぐ浜松だ。 夜空にそびえ立つエレベーターの工場(磐田か袋井だったか)の脇を抜けて タダになった浜名大橋へ。ここは昼の明るいうちに通るとまさに離着陸気分がが味わえる。
浜松を難なく過ぎ豊橋に入ると路面電車の軌道と共にR1はやがてR23へ (路面電車はここで左折)豊川橋(ここもタダ)を渡って蒲郡へ入ると小雨がパラパラ降ってくる。
国道23号、蒲郡付近は狭くて不安な道程だ。しかし、知立バイパスへ出てしまえば、軽快に名古屋まで行くことが出来る。 今日の目的地は三重の長島温泉だ。前回の桑名行きでちょっと気になる所があったのでそこでPキャンしようと思う。

 JAF出動騒ぎ
途中の「道の駅安城」で休憩している時に悲劇は起きた。
キーの閉じ込みをやってしまったのである。
早速、JAFに電話しようとしたが、携帯もジャケットも車の中・・・。持っているのはサイフだけ。
もう時刻は午前0時近い。奇跡的に公衆電話を発見し、30分後ロードサービスを受ける。
JAFって来るの速くなったなー。前回(20年前)は2時間半待たされた。JAFのサービスマンのピッキングの業は素晴らしかった。
b0064784_2231671[1] 
 
 

長島温泉
b0064784_2232841[1] 
R23は名古屋市内で3車線や4車線になる。こんだけの道、
普通に流していても80-100はでてしまうのに制限速度はナゼか50キロという恐るべき国庫金搾取道路なのだ。
この日も覆面にバンバン捕まっているのを目撃した。たぶん騒音対策だろうけど。
何とか名古屋市内を抜け、1時前に長島温泉のオートレストラン長島へたどり着く事が出来た。
ここはナゼか24時間のレストランなのにフロ屋もやっている不思議な所。 寝る支度をして長島の湯って温泉へ入りに行ったが、ナゼか閉鎖中。朝まで待てって事か。ナゼか閑散としたゲームコーナーに若いアベックが夢中になってゲームをしていた。 全くナゼが多いところである。
そのまま車中泊の突入して一日目は終わった。 8時に長島温泉を出発して四日市、鈴鹿をへて津市へ。 十日市は巨大な田子の浦って感じだろうか。片側2車線なんだけど道幅が広い。首都圏なら間違いなく3車線取っているだろう。  
 

津市にてバイク引取り完了
b0064784_2233370[1] 
無事に部品取りバイクをハイエースに積んで家へメール。
土産を買って帰れと言われたので近所のスーパーへ。
三重と言ったら松坂牛だろう店員に聞いてみるがそんな高級なお肉は一般市民は買いに来ないそうだ。
 



松坂牛

b0064784_22335334[1]

昼も近いし腹も減ったので津駅の近辺をウロウロ。 永井病院ってでっかい病院の前で患者さんに聞いてみた。
「永井と言いますがここいらで松坂牛食べれるとこありますか?」
で、教えてもらったのが「脇田屋」他店との価格設定の兼ね合いで「松坂牛」は前面に出してないが、正真正銘の松坂牛だった。

b0064784_22341814[1]

アブラミの嫌いなオイラにはカルビよりハラミの方がうまかった。たれは味噌ダレ。最高だった。
腹いっぱい食って2,500円を払って帰路に付いた。
唯の昼飯ならこの値段はちと高すぎるが、松坂牛を腹いっぱいとなるとえらくリーズナブルな気がする。

腹いっぱいになった所で国道23をひたすら東へ。




b0064784_22352066[1]
おんなじ道で帰ってもつまらないので名古屋市街を抜けて
国道19号から諏訪経由で20号に出て帰ることにする。
名古屋は大都市ながら地名や神社、奇祭などB級っぽい面白い所が点在する。
せっかく来たのでどっか寄っていこう。
行き先は「犬山城」このお城、戦国時代から本気で立っているのだ。
でも、所有者が個人でお金が掛かって修復できないから閉鎖になっているらしいのでパス。


道の駅 賤母
b0064784_22363097[1]
19号に出てから一旦岐阜県に突入。 長野に入って釜戸駅の傍をを通る頃、中仙道で現存する宿場を見ながら帰ろうと思ったが道の駅がそれっぽかったのでおなか一杯になってしまいパス。


国道19号から伊那へ
b0064784_22382380[1] 

木曽福島を抜けてしばらく走ると「権兵衛トンネル開通」のカンバンが出ていた。
予定変更で伊那(361)→高遠(152)→杖突峠(20)で諏訪に出て帰る事にする。
19号は大型ばっかでウザくなっていた所。
道自体、オレがトラッカーだった頃とあんまし変わってない。
逆に18年前がなつかしく思うことができた。


権兵衛トンネル
b0064784_22385988[1]

開通したての「権兵衛トンネル」を通って伊那に出たのは5時半を回った所。このトンネル有料じゃないのが不思議なくらいお金が掛かったトンネル。関東で言えば「雁坂トンネル」に匹敵するするくらい。


肉のたけだ
  

温泉施設付き道の駅で休憩
b0064784_2247635[1]
R20を右折してしばらく走ると、道の駅「信州蔦木宿」があったので少し休憩。
ここは温泉設備がある道の駅として有名な場所。
そこで温泉に浸かって帰ろうかと一瞬躊躇ったが、帰る気がなくなったらいやなので
そのまま出発した。


その後、我がハイエースはR20を東京に向けてひた走り、 相模湖(412)、相模原(16)、町田(246)、 を経て我が家に到着したのは23時だった。


今回の総走行距離860km 燃費15km/L
スポンサーサイト
プロフィール

jiro_0010

Author:jiro_0010
Garage JUNK BOX管理人

カレンダー
03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。