FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バニシングin 60(イン ろくじゅう) 1974

今日はヤボ用をどーしても断れず、誘われてたアメ車の祭典へ行けなかったのでフラストレーションがたまって思わず見た映画のお話。

GI60S.jpg


21世紀になってリメイクされた60セカンズ※の元バージョンである。
この2本の映画、邦題は違えど原題はGone in 60 Secondsと同じであり、それには訳があるが長くなるので割愛。

損害保険調査員で構成された窃盗団は高級車ばかり次々と盗み続け、
その中の依頼車種であるこの映画の主役、黄色いムスタング・マッハ1にコードネーム”エレノア"と
名付け、何台か盗む機会を伺うものの、ナカナカ成功しなかった。

ELEANORとは女性の名前であり、この”エレノア”はマスタング マッハ1を組織的に盗むため、
リスト上名付けられた作品中でのマッハ1に対する呼称(コードネーム)である。

従って当然ながら窃盗リストに上がった他の車種も同じ様な女性名の呼称で呼ばれている。

ナンシーはパンテーラ、サンディはエル・ドラドと言った具合。
(2000年リメイク版ではシェルビー マスタング GT500もしくはそのレプリカ?)

ついでにフォード、シェルビーからは、”エレノア・ELEANOR"という名前のマスタングは過去、現在とも発売されていない。

迫力のカーチェイスは、とうとう"エレノア"を盗んでいる現場を警察に押さえられ、
その盗み出した”エレノア”で駐車場を飛び出すシーンから始まる。
撮影車両である、マスタング・マックワンは同一車両が最低限の補修を繰り返し受けながら
カーチェイスを続けたらしく、綺麗な状態からだんだんボコボコになっていくさまが見てて面白い。

途中でMACH・1が侵入したマツダ車販売店のシーンではサバンナ(RX-3)やカペラなど懐かしい日本車が登場する。

途中で登場するグッドイヤーの飛行船も当時を偲ばせるアイテムだ。

最終的にはコードネーム”エレノア”の略取に成功するのだが、その方法がなんとも大胆である。
ハリッキーさん、最高。
おまけにLA周辺の1970年代映像も楽しめた。
なんか、当分カーチェイスモノに走りそうな予感。

※リメイク版はつまんなかったのでコメントはありません。
最近、リメイク版で原版を超えるオモロイもんはありませんな。
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jiro_0010

Author:jiro_0010
Garage JUNK BOX管理人

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
Powered By Garage Junkbox
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。